ブログ
飯豊山の碑
2018/04/04
 小野川温泉から南に1キロぐらいで
 笹原分校がある。もと常福寺という
 曹洞宗の寺で、1568年の創設です。
 これは、支倉常長の父が福島からこちらに
 輝宗【伊達政宗の父】の近習として
 越してきた年と一致しており、
 このあたりが東北で最大級の出城跡
 なので、おそらくここが常長の
 生まれ故郷なのでしょう。 常福寺
 跡に飯豊山の碑があり、江戸期には
 飯豊修験、飯豊もうで
 の民間信仰が盛んだったのでしょう